広島の和菓子,お茶,和食など和関連のお店情報 - わみせ

新規掲載店募集

わみせ検索
キーホルダーから財布までカラフルな革小物を販売「ANBOON」

かぐらや -- トップページ -- 

神楽舞人が手掛ける神楽衣装の製造・修理

神をまつるために奏する舞楽…神楽。
広島県や島根県では盛んに舞われています。その豪華絢爛な衣装の数々を1つ1つ丁寧に手作業により制作し、舞い手の立場になり、動きやすさ、軽さ、デザインなど様々な事を追及し常に新しい方向性を見出し創造しております。

かぐらや » トップページ

かぐらや

豪華絢爛な衣装の数々…

神楽衣装は15~20kg、鬼着の衣装の場合25~30kgにもなります。その衣装を身にまとい面をかぶり舞うとなると、想像以上に重たいものなのです。

出来るだけ軽く舞人が神楽の魅力を最大限に引き出せるよういろんな視点から衣装を見つめています。

写真は「肩切」にある「龍」の衣装です。黒の緞子に金糸の刺繍を手作業により1つ1つ施していきます。

面 面

面は神楽団にとって衣装と並ぶ宝物ともいえます。その表情は怒っているようであり、泣いているようにも見え、笑っていたりと、その場面、その演ずる時々に様々な表情が見え隠れすることでしょう。
神楽の魅力は無限に広がります。

神楽衣装工房「かぐらや」を手掛ける菅沢さんは、自身が「宮乃木神楽団」の団長も務めています。自らが舞う、だからこそ分かる衣装への不満や、より良い向上の思いを衣装に託しているからこそ最高の衣装が出来上がるのだと思います。お兄さんは面を手掛けており、お二人とも小さい頃から神楽人生を過ごされています。神楽に対する熱い想いは衣装・面そして、神楽全てのものにあります。

店舗情報
住所 〒731-1142
広島市安佐北区安佐町飯室3280-1
電話番号 082-810-2885
※お問い合わせの際には「わみせを見た」とお伝えになるとスムーズです。
FAX 082-810-2890
営業時間 9:00~18:00
定休日 土・日・祝日

※掲載している内容は2009年04月17日現在の内容です。商品内容、価格、掲載内容など変更している場合があります。

2016年10月16日722016年10月16日

QRコード

「わみせ」携帯版(テスト運営)で店舗詳細を見る事ができます。

通信料がかかりますので、パケット定額制等のプランをご利用でない方はご注意下さい。

和んスナップ(1スナップ写真)

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加